017のネタ帳

ポケモンの二次創作ネタなどを思いつくままに書いていきます

オーロットのお話

突然ですが私、XYのポケモンだとオーロットがかなり好きです。
過去に何個かネタだししているのでまとめてみました。

もりののろいの話

オーロットは倒しても暫くして復活してくる。というのも魂がそこにはなく、森の奥にある大樹に魂移ししているからだ。その大樹を伐らない限り無限に沸いて出るのだ。

ある少年はオーロットと旅をしていたがある日オーロットが言う。
「ぼっちゃん、残念ですが今日でお別れでございます」
そう言ってオーロットは枯れて消えてしまう。
しばらくして里帰りした少年は故郷の森が伐採されたと知るのだった。

少年は嘆き悲しんだ。
幼い頃に遊んだ森を返してください。もう一度友達に会わせてください。すると祈願百日目の満月の夜に夢に青い色の大きなメブキジカのようなポケモンが現れ言ったのだった。
「少年よ。あなたが森の一部になるというなら、その願いを叶えてあげましょう」

伐採された森は牧場になっていた。モーモーミルクや肉をとる為にミルタンクケンタロスがたくさん連れてこられた。ところが連れてこられたポケモン達に次々異常が起こった。体表に苔のようなものが生える。植物の芽が噴き出る。同じ事は人にも起こった。

ポケモン達と人々はばたばた倒れていった。その亡骸を養分に急速に樹が育った。今ではそこは迷いの森と言われているそうだ。
オーロットが「もりののろい」という技を使い始めたのはこの時からだという。

混じってるウソッキーの話

オーロットの群れの中にウソッキーが混じるように、違う種族でも混じって群れてることはありそうだなあ。ネコ系・犬系で固まるとか、同じタイプ同士で固まるとか。

混群というのは現実の鳥とかにもあって、カラ類(シジュウカラ、コガラ、ヒガラ、ヤマガラ)が知られてます。エナガゴジュウカラメジロとかも混ざるらしい。たまに珍しい小鳥が混ざる時もあるそう。
ポッポの群れにネイティとか混ざってたらかわいいですよね。

ところで、迷いの森で、たまにオーロットに混じってウソッキー、あれオーロットの呪いで森から出られなくなった人間の成れの果てって噂がある。

普通は「もりののろい」で木にされちゃうんだけど、たまに効かない人間がいて、そういう木にすらなれない半端者は木のまがいものになる運命という事らしい。

お前はウソッキーになったのだ。
我々の仲間になったのだ。
お前にはもう帰る家なんてないんだよおぉぉ!

ちなみに馴染むと下記のようになる。

ウソッキー「おばけだぞ~」
オーロット1「お前、おばけチガウ」
オーロット2「こいつ自分の事オーロットだと思ってるんだよ……」

人間社会への未練を捨て去る事さえできれば、結構楽しそうですね。

桜守の話

田舎の山奥の話。今はもう使われていない廃線のトンネルの向こうに様々な桜が植えてある試験場があった。持ち主は今はもう亡き人で、いつの間にか住み着いたチェリムオーロットが桜の世話していた。その場所はどこかの樹に必ず花が咲いており、一年中花を見る事が出来るという。

そこにある日、少年が迷い込んだ。彼は花を楽しみ、ポケモン達としばし憩いの時間を過ごしたのだが、彼らとの約束でその場所は秘密にしていた。しかし、何らかの手違いでその存在が大人たちにばれてしまう。だが、大人たちが行く頃には大量の土砂でトンネルは塞がれてしまっていて、行く事はできなかったそうだ。

後に大人になった少年は急斜面の山を登り、トンネルとは別ルートから試験場を目指すが、とうとうその場所にたどり着く事は出来なかった。きっとトンネルを通らないとたどり着けない、そういう場所だったのだろう、年老いた少年は孫に語った。

御神木の話

近所の神社の御神木に雷が落ちた。町の自慢だった御神木が燃えてしまって皆残念がったけど、僕は知っている。御神木はオーロットになって昼間は裏の鎮守の森でウロウロしてるし、夜は町を散歩したりしている。今の姿になって歩けるようになった御神木は少し嬉しそうですらあるのだった。

 

オーロット、おっかないけど、植物を大事にしてて優しいイメージもあります。民俗学的にもとても魅力的なポケモンです。