読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

017のネタ帳

ポケモンの二次創作ネタなどを思いつくままに書いていきます

ネタメモ8月26日~28日

8月26日

近所の神社の御神木に雷が落ちた。町の自慢だった御神木が燃えてしまって皆残念がったけど、僕は知っている。御神木はオーロットになって昼間は裏の鎮守の森でウロウロしてるし、夜は町を散歩したりしている。今の姿になって歩けるようになった御神木は少し嬉しそうですらあるのだった。

8月26日
なんか、将軍の鷹狩りに由緒のある場所でタマゴを拾ったが、ポッポだろーか。
遺跡周辺でタマゴを拾ったみたいなエピソードは妄想が捗るな。
古墳で拾ったタマゴが孵った。ガーディだった。パーティのエネコをよく守って、近づく怪しいポケモンは追い払う。きっと前世は誰かを守っていたに違いない。

@nihon_youkai · 8月27日
鈴彦姫(すずひこひめ)
かつての日本で鈴が神霊を下ろすための祭具として用いられていたことと、日本神話で天岩戸に隠れた際に天照大神を引き出した天鈿女のことが述べられており、鈴彦姫は神霊を下ろす鈴が化けた妖怪。
→こいつリーシャンじゃねえ?

8月28日
おとろし、という妖怪がいる。神社に入ってくる不信心な者を懲らしめる妖怪らしい。
個人的にはおとろしは鳥ポケモンだと思っている。高い御神木のある神社は大きな鳥ポケモンがなわばりにしたり、巣を作っていることが多いからだ。
絵と全然似てないとつつかれるだろうか。

8月28日
捨てられて雨に打たれたぬいぐるみ達を率いて、自分を捨てた女の子の部屋にたどり着いついたジュペッタ。ぬいぐるみ達に女の子の身体を押さえさせ、テディヒメグマの濡れた腕で口を塞がせる。女の子は息ができず足をばたばたさせるも、やがて動かなくなるのだった。
「これでまた遊べるね」

8月28日
「お前の息子は預かった。私はスリーパーだ」
そんな電話がかかってきたら、大抵悪戯だろうが、まれに本物が公衆電話からかけてきている場合があるという。その場合はカゴいっぱいの木の実を身代金として渡さねばならない。
いや、悪戯でも考えて欲しい。最近、子供を構ってやっているだろうか?

8月28日
シンオウのどこかには、ドダイトスの森があるという。その森は地面がでこぼこで、岩が多い。でこぼこの一つ一つが元ドダイトスなのだ。ポケモンたちを育む豊かな森であるらしい。ポケモントレーナーは所縁のあるドダイトスの墓参りの時のみ、そこに入ることができるという。

そんな話がシンオウ地方にはまことしやかに伝えられていて、畑の向こうの小山は昔は大きなドダイトスだったのよ、とか、あの稲荷山はドダイトスだったのよ。昔は社を背負って歩いていたの。なんて話が各地にある。死んだら相棒のドダイトスの中に埋葬して欲しいというトレーナーも多いという。

ねえ、ダイビンクを教えて。
少年は言いました。ダムの底に行きたいのだと。
だってあそこにはおじいさんのお墓があるの。ドダイトスの甲羅の中で眠っているんだ。ここがダムに沈む時、移そうとしたけれど、ドダイトスと引き離すのは可哀想だから、そのままにしてあるの。

‏@comattane · 8月28日
拝啓、ひいおじい様。相棒のドダイトスのと一緒に埋めてほしいという遺言の件に関しましてお知らせいたします。あなたのドダイトスは今日も元気です。次の世代にご期待ください。